彼女に貰ったキーケースを1週間でなくした話

一年前に一人暮らしを始めてから、実家の鍵から始まり、自分の家の鍵、そして自動車の鍵などかなり多様な鍵を扱うようになりました。そのため、鍵の管理をするのが面倒なので全てがひとまとまりになるキーケースが欲しいと考えていたんですね。

そんなタイミングで、ちょうど自分の誕生日が近かったということもあり、彼女にキーケースが欲しいことを伝えていました。そうすると心優しき彼女は、私の希望通り結構高級なクロムハーツのキーケースをプレゼントしてくれたのです。ネットの最安値でも6万円以上はする品ですから、彼女としてもかなり頑張って購入してくれたのでしょう。

しかし、その彼女に貰った高級なキーケースを1週間でなくしてしまいました。しかも、全ての鍵と一緒に。これは本当に最悪な話だと思います。まず自分が生活に使用している全ての鍵をなくしてしまったわけですから、自宅の扉は開かないわ自動車には乗れないわ、さらに実家には帰れないわでてんやわんやでした。機転を利かせてアパートの管理会社に連絡をしたら自宅の鍵はどうにかなりましたが、こと実家と自動車についてはすぐさまどうこうできる状態ではありませんでしたので、しばらく時間が経ってから実家への連絡と、自動車を購入したカーディーラーへの連絡によって解決するまでに至りました。

そして本題はここからなのですが、失くしてしまったキーケースのことを彼女にもどう言おうかということが最大の問題でした。あんな高額な値段のキーケースだったにも関わらず、1週間で失くしてしまったなんて言えば、堪忍袋の緒が切れて何をしでかすか分かりません。ですからすぐには彼女に対してキーケースを失くしたなんていい出せなかったです。でも彼女もさすが女性だけあり、私の態度がよそよそしいのに気づいたようで、案の定キーケースを失くしたことがばれてこの世の終わりがくるのかと思うほどの勢いで怒られてしまいました。